配信

Xbox One から Mixer に配信する方法

この記事は 6 ヶ月以上前の記事です。Mixer は変更が頻繁に行われるため、内容が古い可能性があります

Xbox One から Mixer へ配信開始するのはとても簡単です。Xbox One でゲームをプレイしているということは既に配信に必要な Microsoft アカウント(Xbox Live のアカウント)があり、かつ Xbox の UI に Mixer がかなり目立つ感じで組み込まれているので誰でも、10 秒もあれば配信開始することができるでしょう。

Xbox One から Mixer に配信する

ゲームを起動し、コントローラー中央の Xbox ボタンを押し画面左にガイドを表示させます。

上のアイコンで[配信] タブを選択し、[配信 配信を設定する] を選択。

[配信を開始]を選択するとMixerでの配信が開始されます。
※[配信を開始]の上に表示されているのがあなたの配信ページのURLです。

配信者のプレイ画面

配信の経過時間や視聴者数を表す[配信オーバーレイ]が常に表示されている

実際に配信されている画面

配信/配信を設定する

Mixer配信に関する設定はここの[配信/配信を設定する]と、下記に記載しているXboxの設定[プレイ環境]>[配信とキャプチャ]で別れています。項目がかぶっていたり、片方でしかできなかったりする設定項目があったりします。

Mixerに配信時のマイク、カメラや画面のオーバーレイ設定など

マイク

マイクのオンオフ。音量設定は[詳細設定(歯車マーク)]から。

カメラのオプション(配信カメラ)

  • カメラ
  • 全画面カメラ
  • カメラの位置

コントローラーを共有する

一人の視聴者にMixerの配信画面を通してゲームを操作してもらうことができます。ラグが少ないのでアクション性のあるゲーム以外なら「代わりにクリアしておいて!」なんてことも可能です。

コントローラーを共有する

Mixerの画面上に[コントローラーを共有する]ボタンが表示されるので、それをクリックすると、先着一名でクリックした人がゲームをコントロールすることができるようになります。

招待者のみモード

友達がいなくて試せてないですが、指定した人にコントロールを共有するのだと思います。

その他のオプション(配信オプション)

ストリーミング タイトルを変更する

[配信オプション]、[ストリーミング タイトルを変更する]で、配信タイトルを編集することができます。配信しているゲームのタイトルは自動取得、表示のため変更できません。

パーティーのオーディオ

他のプレイヤーの音声をMixerに反映するか

チャット

チャットを表示するか

配信オーバーレイの移動

配信情報の表示を移動することができる。デフォルトは右下

詳細設定

歯車マークからできる設定項目。上の「配信を設定する」と設定項目とかぶってたりするのが紛らわしい

配信

  • 配信にカメラを含める
    チェックを入れると右下にワイプでカメラ映像が合成されます。[配信]設定からの方が位置など細かく指定できます。
  • マイクオン
    配信者のマイクのオン、オフ。[配信]設定にもあり
  • マイク音量
    ここでしか設定できない
  • ゲームとシステムの音量
    ここでしか設定できない

キャプチャ

  • ゲームのキャプチャを許可
  • ”クリップ”の長さ 
    15秒から5分の間
  • 自動的にアップロード
  • ゲームクリップの解像度
  • キャプチャ保存場所

参考リンク