基本

最終更新日:

Mixer Embers(エンバー)とは

この記事は 6 ヶ月以上前の記事です。Mixer は変更が頻繁に行われるため、内容が古い可能性があります

Mixerが独自仮想通貨Ember(エンバー)を開始

Mixer Ember(エンバー)とは、配信者を手軽に支援(投げ銭)できるMixer内の独自仮想通貨です。

Mixerシーズン2の発表時にアナウンスされた通り、Mixerは2019年1月11日、Ember(エンバー)を開始しました。

Embers (エンバー) を使うと

レートは不明ですが、Embers (エンバー) は受け取った配信者が直接換金できるので、Sparkより直接的な経済的なサポートができます。

YouTubeのスーパーチャットのように、 支援金(ドネイト) の金額が表示されるのではなく、視聴者はエンバーでスキル(チャット内で目立つ絵文字や、効果など ) を購入して配信画面に反映させます。良くも悪くも、投げ銭の額面の生々しさはありません。

ピンクの石のマークがエンバーで購入できるアイテム
エンバーが利用されたところ。 金額の多さに応じて表示されている時間が長くなる等ないため、チャットが速いと秒で流れて消えていく

エンバーの値段

まとめ買いしてもそれほどお得にならない。120円より450円でなぜか高くなる。

エンバー 日本円 1エンバーあたりの値段
120 ¥230 ¥1.91
450 ¥870 ¥1.93
1,900 ¥3,500 ¥1.84
4,950 ¥8,750 ¥1.76
17,250 ¥29,000 ¥1.68
36,000 ¥60,000 ¥1.66

Sparks(スパーク)との違い

配信を視聴していると無料でたまっていくお馴染みSparks(スパーク)でも同じようにスキルを購入し、画面を賑やかすことができ、配信者を支援することができます。

スパークは「一週間の間に500,000スパーク集めたら6ドル」のように、期限と達成ラインが決められていますが、 エンバーはダイレクトに換金でき、リセット日もありません。( おそらく換金最小金額は決められており、そのうえ何%かは引かれるとは思います)

スパークをお金として受け取れるイベントを設定してあるストリーム

現在、エンバーを受け取れるのはパートナーのみですが、近日中に全配信者が利用できるようになるとのことです。

参考リンク

Mixer Embers Available Now
Follow What Are Embers And How Do I Use Them
Embers